レッドビーシュリンプの事や、日常の他愛のない事を書いてます...。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴハンの時間
ですよ~!

ゴハン1


わが家では、ほぼ毎日2、3時間程度で食べきる量の

エサを与えています。最近では無農薬ケール、

動物性の飼料として、月に2回程コペポーダ。

それと、固形飼料としては・・・

チョイスフード~

以前から、馴染みのショップのオーナーや他のブリーダーの方から

「すごく食いが良い」と聞いて与えていますが、他の固形飼料に

比べて、確かにエビ団子の出来るスピードが違います。

ゴハン2

わらわら・・・

ゴハン3

わらわらわら・・・

ゴハン4

うじゃじゃじゃ~!

僕もいろいろなフードを試してみましたが、これが一番ですね。

何が違うんでしょうか?何かが違うんでしょうねぇ。

やってきました!
そう、この時期と言えば・・・桜の季節!いや、いや

・・・いやいやいや、桜も勿論綺麗ですが。

違うんです、今日(もう昨日だね)から、待ちに待った

第2回紅白祭り

が始まっちゃったんですドンドン、パフパフ~

詳しくは→「Heat wave」をチェック!

名だたるエビブリーダーの皆さんが、

一同に会するスペシャルイベント~!!

ワクワク、ウキウキそして・・・ドッキンドッキンなお祭りだす!

ブリーダーの皆さんの、エビちゃんに対する

熱意やこだわりが、ヒシヒシと伝わってきます。

恥ずかしながら僕も、前回に続き・・・参加・・・させてもらっております。

今回は、

H21.4.1メス1

この子をはじめ・・・K賀さんにわがままを聞いて頂き、

H21,4,1赤エビメス1

この子も参加をさせてもらっております。

なんか、K賀さんにはいつもお世話になってスミマセンな感じです

今回の祭りも悲喜こもごもありそうな予感・・・。

すでにやらかしちゃった感のある僕ですが、

最後まで楽しく盛り上げたいっす~





何となく・・・
ビッダに出品しちゃいましたレッドビーのメスの

撮影はいつも通り、パシャパシャと。(下手くそですけど

H21.3.15赤ビーメス

でも、赤エビの方は、なんだかエビに落ち着きがない。

あ~やっぱり・・・案の定、抱卵の舞の真っ最中。

お陰でオスの写真が、なかなか撮れませんでしたぁ。

と言うより、出品個体を3回変更した上に、(どんだけ見失なうんかい

別水槽に移して撮影しました。(笑)

H21.3.15赤エビオス2


なので、雌雄の判別は間違ってないと思うんですけどねぇ。

春の訪れ
ですかね、明日からは晴れて暖かくなるみたいです。

今日は、西高東低で北九州はとても寒く、午前中はミゾレ

がちらつくお天気でしたが、押し並べてみると、気温は徐々に

上がっていってますね。今年は観測史上、

桜の開花が最も早いそうで、3月下旬が見頃だそうです。

例年4月上旬が見頃のはずですが、今年は4月まで持たないそうです。

これも温暖化の影響があるみたいですねぇ。このまま温暖化が進むと、

桜が見られなくなることも考えられるそうです。

僕も身近に出来るエコに努めたいですね。

電気をこまめに消したり、コンビニで袋を貰わないとかですけど・・・。

それはさて置き、エビちゃん達は春の訪れを感じているのか、どの水槽も

順調に抱卵ママさんが増えています。

皆さ~ん、ドンドン良い子産んで下さいよ~!

さぁ~っ、今日も頑張って選別するぞ~

H21.3.14抱卵個体



我が家の赤エビ
は、今から3~4年前、地元の熱帯魚屋さんで、

1匹680円で購入したレッドビーを、赤の多い個体を選別して

ある程度固定したものです。

きっかけは、レッドビーの殆どがバンドや白の多い個体が多くて、

逆に赤が多い個体がいてもいいかな、という気持ちからでした。

今では、殆ど(8~9割位)が親エビと同じ様な色や模様の稚エビが

生まれるようになりましたが、今思えば、結構苦労しました・・・。

まず最初の親エビ。赤の多い個体が・・・ウチにはおらん

そこで、思い当たる熱帯魚屋を片っぱしから当たってみることに。

すると・・・いましたぁ!殆ど全身が赤い~!でも、色が薄い

まぁ、当り前か。店のご主人に聞いたところ、近くのブリーダーさんが、

選別漏れをタダ同然に店に持って来てくれているとの事・・・。

・・・ふ~ん。あ、そぅ。それでも私には、価値があったんです、えぇ。

当時、巷ではもちろん白主体でしたからね~。

やったるぞ~、とブリード開始念願のF1~

その結果、・・・んー、んむぅぅ~ちっちゃいながらも、

みんな、どの子もこの子も、・・・バンド入ってんじゃあぁぁん

とーちゃんもかーちゃんも、みんな赤いのしかいないのに。

なんでや!?なんでなん?無常感と何故か、

「騙されたぁ」(騙されてません)という思い。

心が折れそうになりつつも、稚エビはすくすく成長・・・。

すると、殆どの個体が白のバンドが乱れるか、薄く少ない個体に。

おぉ~、こうゆうことねぇ、と妙に納得。それでも

F4~F5とかまでは、なんか中途半端な柄の子ばっかし。

選別してるつもりなんだけどなぁ。と、なかなか赤の濃い、

白の少ない個体が固定出来ずにいました。

そりゃあ、白のバンドを入れようとしていたところに

また、逆に赤くなってョ、なんて。

勝手に品種改良される身にもなれっ!と聞こえてきそうですもんね。

・・・そんな頭の中のエビちゃん達のシュプレヒコール?にもめげず、

やっとこさ、現在に至ります・・・。

赤エビ

今、海外から来ているブラック、レッドシャドウ(パンダ?)なんかも

ビーからの品種改良ということらしいですが、

また違った魅力を出せるように(まだまだですが)頑張りたいですね









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。